2018.8.10

 自由研究のお助け隊!ゆめぎんが「自由研究道場2018」

佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」では、8月31日(金)まで作って学べる科学ネタを伝授します。「夏休みの自由研究」何をどうしたらいいのかわからない…そんなお困りのあなたに、紙コップなどの身近なもので作る恐竜「カタコトザウルス」やコインの落ちる場所を自動で調整してくれる「ふりわけ貯金箱」、ビー玉と鏡で万華鏡のしくみも分かる「ビー玉万華鏡」など12種類の中から好きなものを選んで自由研究に挑戦してみませんか?受付時間は10時〜16時、材料費は100円〜300円です。詳細は、佐賀県立宇宙科学館ホームページにてご確認ください。

※佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」ホームページより
https://www.yumeginga.jp/

2018.7.27

 イベント盛りだくさん「森川海人っ(もりかわかいと)プロジェクト」

佐賀県では8月18日(土)から11月4日(日)まで、森・川・海の豊かな自然と親しむイベントを開催し、未来につなげる「森川海人っプロジェクト」に取り組んでいます。中でも、8月18日(土)は「有明海クリーンアップ作戦」、8月22日(水)は「水じゅんかんフェア」、8月26日(日)は「有明海親子探検隊」と「嘉瀬川杯遣唐使船レース」など、夏休みに親子で参加できる楽しいイベントが盛りだくさん!しかも、2つ以上参加するとNintendo Switchや佐賀牛ロースなど豪華賞品が当たるスタンプラリーも開催します。詳細はぜひ、ホームページでご確認ください。

※佐賀県庁ホームページより
http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00362836/index.html

2018.7.27

 エコマーク30周年記念「写真コンテスト」作品募集

「e」の文字をモチーフに両手で地球を守るデザインが印象的なエコマークは、2019年2月に制定から30周年を迎えます。そこで、「その手で守る30年〜あなたの大切なものは?」をテーマとし、30年後の未来に守り、残したいものや風景、活動の写真に「タイトル」と「その想い(150文字程度まで)」を添えた作品を募集します。応募期間は9月30日(日)までで、小学生、中学生、高校・大学生(短大・専門学生含む)の3部門があります。作品例は、赤ちゃんを見守る子どもの写真や、海岸のごみ拾いをしたときの写真など。詳細はぜひホームページでご確認ください。

※エコマーク事務局ホームページより
https://www.ecomark.jp/30th/photocon/

以前のニュースリリースへ