2018.5.21

 山地災害防止キャンペーンを実施します

近年、山地の崩壊・土石流・地すべり等の山地災害が多発し、人命・財産に甚大な被害が及んでいます。佐賀県では、国、市町と協力し、山地災害防止に対する理解と関心を深めるとともに危機管理体制を強化するため、5月20日から6月30日まで、山地災害防止キャンペーンを実施しています。キャンペーン期間中は、市役所、町役場にてパンフレット「山地災害に備える」を配布しています。尚、佐賀県庁ホームページにて、各市町村の山地災害危険地区位置情報をお知らせしています。これを機に情報を共有し、知識を深めることもキャンペーンの一環につながります。ぜひ、ご確認ください。

※佐賀県庁ホームページより
http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00361424/index.html

2018.5.21

 第13回「みどり香るまちづくり」企画コンテストを実施

環境省は、住みよいかおり環境を創出しようとする地域の取り組みを支援するため、かおりの樹木・草花を用いた「みどり香るまちづくり」企画コンテストを実施します。優秀な企画に対しては、その企画内容に応じたかおりの樹木・宿根草等草花の苗木・苗を提供し、まちづくりを支援します。対象となる企画は、かおりの樹木・宿根草等草花を原則として30本以上用いて、街区や近郊地区等で「みどり香るまちづくり」を演出するものです。募集期間は、5月14日〜9月14日まで。応募要項やよくある質問など、詳しくは環境省ホームページをご覧ください。

※環境省ホームページより
http://www.env.go.jp/press/105460.html

2018.5.11

 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」6月から実施

環境省は、2003年から地球温暖化対策のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消すよう呼びかける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施しています。今年も6月21日から7月7日までの間、キャンペーンを実施するとともに、6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)の2日間、夜8時から10時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼びかけます。昨年は2日間で53,085施設が参加し、削減消費電力量は643,128.35kWhとなりました。一斉消灯に参加する施設は、下記ホームページより登録できます(※5月中旬頃より登録可能)

※「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」ホームページより

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolearthday/

以前のニュースリリースへ