2017.6.12

 6月から9月は夏の省エネキャンペーン

経済産業省は、6月から9月において夏季の省エネルギーの取組を促進するため、省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議で「夏季の省エネルギーの取組について」を決定しました。主な取組内容は、省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」の活用、クールビズの実施徹底を促進する「COOL CHOICE」の推進、「家庭エコ診断」の認知度向上、などです。また住宅・ビル等のエネルギー消費性能の向上や、工場・事業場及び運輸分野におけるエネルギー管理の実施も含まれます。経済環境省では、こうした取組を講じてエネルギー使用量を前年度夏季(6月〜9月比)で削減するよう協力を呼びかけています。

※経済産業省ホームページより
http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170529007/20170529007.html

2017.6.10

 古紙の集団回収優良団体を表彰

平成29年6月8日、古紙再生促進センターが主催する「集団回収優良団体」の表彰式が福岡市のANAクラウンプラザホテルで行われました。感謝状交付の対象となるのは、1.集団回収を過去5年以上かつ年間5回以上継続している団体、2.古紙回収に顕著な実績を上げ、今後も継続することが見込まれる団体、という推薦基準を満たし、さらに古紙供給業者からの推薦を受けた団体です。今年は杵島郡江北町の「観音下老人クラブ」様、福岡県久留米市の「野中キッズ子供会」様、長崎県佐世保市の「吉井生活学校」様がそれぞれ優良団体として表彰されました。贈呈式では感謝状を贈呈した後、パーティーを開催して交流を深めました。受賞者の皆様、誠におめでとうございます。

2017.5.29

 全国小中学生“紙リサイクル”コンテスト2017

古紙再生促進センターが主催する“紙リサイクル”コンテスト2017では、小中学生のアイデアや実践を募集しています。“紙リサイクル”とは、使用済みの新聞や雑誌、紙パックなどを回収して紙製品に作り変えて再利用することです。募集部門は作文とポスターの2種類があり、テーマは、家庭内でのリサイクル法や、学校・地域の活動内容を紹介したり、古新聞や段ボールがこんな製品に生まれ変わってほしい、といったアイデアを発表したり、選び方もさまざまです。締切は10月31日(火)、原則学校を通じての応募となっていますので、詳細につきましては下記をご参照ください。

※古紙再生促進センターホームページより
http://www.prpc.or.jp/menu01/linkfile/contest2017.pdf

以前のニュースリリースへ