2021年

2021.4.12

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

イワフチグループ(株式会社イワフチ・イワフチ運輸株式会社・西部故紙センター株式会社)は、誠に勝手ながら下記日程を休業とさせていただきます。

【休業期間】
2021年5月2日(日)~ 5月5日(水)

2021年4月29日(木)~ 5月1日(土)は通常通り営業いたします。

休業期間は、資源物の持ち込みも受付できませんのであらかじめご了承ください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
尚、5月6日(木)より通常通り営業いたします。

2021.4.5

「九州エコファミリー応援アプリ」の配信がスタートします

4月1日(木)、「九州エコファミリー応援アプリ(通称:エコふぁみ)」の配信がスタートしました。エコふぁみは、省エネ・省資源など地球環境にやさしい活動に取り組む県民(エコファミリー)を支援する九州7県公式の環境アプリです。このアプリでは、環境にやさしい行動が実践できたらチェックを付ける「毎日エコチェック」、電気使用量等の記録ができる「エコ記録」の他、環境イベントへの参加や協賛店の利用などによりポイントを貯めることができます。また貯まったポイントを利用してプレゼントが当たる抽選に参加できます。詳細は、佐賀県庁ホームページをご覧ください。

※佐賀県庁ホームページより
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00379849/index.html

2021.4.5

産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成30年度実績)

環境省は平成30年度における全国の産業廃棄物の排出及び処理状況等について公表しました。全国の産業廃棄物の総排出量は約3億7883万トンで、前年度に比べ約471万トン(約1.2%)の減少、最終処分場の処理状況は約57万トン(約5.9%)の減少となりました。また業種別排出量は、電気・ガス・熱供給・水道業からの排出が最も多く全体の26.1%、農業・林業が21.4%、建設業が19.9%、パルプ・紙・紙加工品製造業が8.6%、鉄鋼業が6.9%と、5業種からの排出量が全体の8割以上を占め、農業・林業と建設業の順位が逆転しています。詳細は環境省ホームページをご覧ください。

※環境省ホームページより
http://www.env.go.jp/press/109265.html

2021.3.24

「海ごみゼロウィーク2021」参加申し込みを開始

5月30日~6月8日は、春の海ごみゼロウィークです。そこで、環境省と日本財団は全国一斉清掃キャンペーンを実施するにあたって、特設サイトからの参加申し込みを開始しました。申し込みは原則1団体につき30人以上の参加(のべ人数でもOK)とし、5月20日までにサイト内の応募フォームから所定の手続きを行えば、オリジナルごみ袋を受け取ることができます。一昨年は全国約1500か所・約43万人が参加し、今年は昨年同様「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」を作成して参加を呼びかけています。ぜひ、清掃活動に参加してみませんか?

※環境省ホームページより
http://www.env.go.jp/press/109352.html

2021.3.24

「ウルトラマン55周年TSUBURAYA EXHIBITION2021」開催

佐賀県立美術館では3月20日(土)から5月9日(日)まで、全国初の「ウルトラマン55周年TSUBURAYA EXHIBITION2021」を開催中です。ウルトラマンは今年、放送から55周年を迎えます。その間、円谷プロダクションは数多くの世界を想像し、作品を創造してきました。本イベントでは、歴代のウルトラマンをはじめ、かいじゅうのすみかやピグモンの森など見どころ満載です。また、写真撮影ができるエリアもたくさんあります。「想像から創造へ」の想いが詰まった宇宙初の円谷プロの展覧会にぜひ足を運んでみませんか?詳細はホームページをご覧ください。

※TSUBURAYA EXHIBITION2021ホームページより
https://m-78.jp/exhibition/2021/

2021.3.8

さが桜マラソン2021オンライン〜Be with YOU〜

昨年は新型コロナウイルス感染症対策の一環で中止となりましたが、「今度のサクラはオンライン」をテーマに、3月15日(月)から28日(日)まで、フルマラソン(42.195km)とファンランの2種目を累積による合算チャレンジなど趣向を凝らして実施します。参加はエントリーされた方に限りますが、大会期間中の21日には「さが桜サンクスデー」が行われ、沿道を盛り上げる演奏やダンスなどのステージをはじめ、健康測定コーナーやフォトブースなども登場します。尚、ステージは佐賀新聞YouTube公式チャンネルでライブ配信されます。詳しくは、ホームページにてご確認ください。

※「さが桜マラソン2021」ホームページより
https://sagasakura-marathon.jp/

2021.3.8

食品ロス削減・食品リサイクル推進モデル事業等の公募

環境省では、食品ロスの削減及びリサイクルを推進するための先進的事例を創出し、広く情報発信・横展開を図ることを目的に、食品ロス削減・食品リサイクル推進モデル事業、及びmottECO導入モデル事業、食品廃棄ゼロエリアモデル事業、学校給食における食品ロス削減等に関する取り組みのモデル事業を実施する地方公共団体及び事業者等を募集しています。具体例では、飲食店における食べ残しの持ち帰りの導入可能性調査や、学校給食における食べ残し削減策の話し合い・動画での啓蒙などが挙げられます。受付期間は3月31日(水)18時までです。詳細は環境省ホームページをご覧ください。

※環境省ホームページより
http://www.env.go.jp/press/109232.html

2021.3.1

ハウステンボス「100万本のチューリップ祭」

ハウステンボスでは現在、春の祭典「100万本のチューリップ祭」が4月4日(日)まで開催されています。まるで花のカーペットのようなストライプカラーのチューリップ畑をはじめ、座ると蝶々の羽根が生えたような写真が撮影できるフォトスポットなど、見どころ満載です!日本最多700品種のチューリップが咲き誇る本場ヨーロッパの街並は、散策するだけで気分も高揚します。また、夜になるとイルミネーションが街一帯を包み込み、フラワーロードには「光のチューリップ」が登場します。ずっと閉じこもりがちだったこの季節、気持ちも新たにお出かけしてみませんか?

※ハウステンボスホームページより
https://www.huistenbosch.co.jp/event/tulip/

2021.2.26

春を楽しもう!サイクリングモニター募集

佐賀市では、佐賀市内をサイクリングするモニターを募集しています。内容1は、「ふらっとさがしまわりコース」です。3月14日(日)、設定されたコースで途中飲食店などに立ち寄りながら自由に楽しんでいただきます。参加料は500円必要ですが、参加者にはクーポン500円分をプレゼントします。内容2は「ガイドモニターツアー」で、3月20日(土)、サイクリング専門家のガイドを聞きながら観光スポットなどを巡ります。こちらも参加料は500円です。申し込み締切は3月5日(金)12時まで。詳細はホームページでご確認ください。ぜひ自転車で春の風を感じてみませんか?

※佐賀市ホームページより
https://www.city.saga.lg.jp/main/57905.html

2021.2.18

佐賀県立宇宙科学館「おうちで星空を楽しもう!」

佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」では、「おうちで星空を楽しもう!」と題して毎月その時期に見られる星空を紹介しています。例えば2月はオリオン座の見つけ方をはじめ、赤色超巨星のベテルギウスやオリオン大星雲に関するエピソードなどが掲載されています。新型コロナウイルス感染症の影響でイベントが少ない時期ですが、そんなときこそぜひ星空を眺めてみませんか?星にまつわる情報が知識となり、一年を通して続けてみると天体の動きが自然と勉強できますよ!詳しくは、佐賀県立宇宙科学館ホームページにてご確認ください。

※佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」ホームページより
https://www.yumeginga.jp/

2021.2.18

「第43回全国中学生水の作文コンクール」募集

8月1日は「水の日」です。水循環制作本部、国土交通省では、国民の間に広く健全な水循環の重要性について理解と関心を深めることを目的とし、次代を担う中学生を対象に「全日本中学生水の作文コンクール」を実施します。作文のメインテーマは「水について考える」ですが、水に関する内容であれば個別の題名は自由です。原稿は400字詰原稿用紙4枚以内で、締切は都道府県ごとに設定され海外からの応募も可能です。詳細につきましては、ホームページをご覧ください。限りある地球の水について何をするべきか考え、ぜひ作文を通して発表してみませんか?

※こどもエコクラブホームページより
http://www.j-ecoclub.jp/topics/event/202101271029.html

2021.2.4

「その気持ち、紙に書いて伝えよう〜ラブレターコンテスト〜」開催

日本製紙連合会は今年も、大切な人へ、想いを込めたラブレターコンテストを開催します。ラブレターを贈る相手は、「片想いのあの人へ」「恋人・夫や妻へ」「家族へ」「友達・その他へ」のカテゴリーがあり、優秀作品には豪華賞品が贈られます。さらに今年は、受賞作品の中からソナーポケットさんがあなたの思いを曲にします。専門応募用紙はホームページ(http://kamitsubu.com/campaign/loveletter/2021)から印刷し、組み立て式封筒で切手を貼らずに投函できます。応募締め切りは3月1日(月)まで、携帯電話やメールなどデジタルツールにはない“紙に書いて気持ちを伝えるよさ”を実感してみませんか?

※日本製紙連合会ホームページより
https://www.rengo.co.jp/news/2021/21_news_007.html

2021.2.4

令和元年度廃家電4品目の不法投棄状況を公表

環境省は令和元年度に不法投棄された廃家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機)の台数(推計値)を51,800台とし、前年度より減少していると発表しました。品目の割合は、エアコンが2.5%、ブラウン管式テレビが32.3%、液晶・プラズマ式テレビが24.7%、冷蔵庫・冷凍庫が23.9%、洗濯機・乾燥機が16.7%でした。不法投棄物を回収した場所は、ステーション等のごみ集積場所が最も多く、次いで道路上となっています。従来よりも減少傾向にはありますが、環境省は引き続き廃家電の適正なリサイクルを進めていく方針です。

※環境省ホームページより
http://www.env.go.jp/press/108986.html

2021.1.25

〜なるほど!環境用語〜「COOL CHOICE」

「COOL CHOICE(クールチョイス)」とは、2015年に採択された「パリ協定」を踏まえた日本の地球温暖化対策の一環です。我が国では、2030年度には温室効果ガスの排出を26%削減(2013年度比)することを掲げ、ご家庭でもできる取り組み例として「宅配物をできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン」を行っています。宅配物の約2割は再配達によるもので、配送車から排出される二酸化炭素や運転手の長時間労働などの原因となっています。例えば「オープン型宅配ボックス」を利用するなど再配達削減に向けた取り組みにより、低炭素型社会の実現を目指しています。

※環境省COOL CHOICEホームページより
http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/sp/

2021.1.25

「2021年国立公園カレンダー」のお知らせ

環境省では「2021年国立公園カレンダー」を制作し、ホームページ上で公開しているのをご存じですか? カレンダーは1月から12月まで、全国の美しい国立公園の風景を用いています。例えば、1月は富士箱根伊豆国立公園の富士の冠雪、11月は吉野熊野国立公園の紅葉など月々の楽しみがあり、卓上で眺めるだけでも四季折々の移ろいを実感することができます。サイズは2種類あり、壁紙ダウンロードとなっていますが、出力してポスターの様に使用することもできます。ぜひ美しい風景に癒され、日本の大自然を感じてみませんか?

※環境省ホームページより
http://www.env.go.jp/park/doc/calendar.html

2021.1.13

まちの修理屋さんをご活用ください

九州7県では、壊れたものを簡単に捨てず修理して長く使う“リペア(修理)”を推奨する取り組みとして、2015年から各県内の修理店を紹介する「九州まちの修理屋さん」事業を実施しています。佐賀県では、愛用品の修理に活用していただくことを目的に、ホームページなどで登録店を広くご紹介しています。カテゴリーは、家電、ミシン、時計・メガネ、カメラ、靴・カバン、革製品、家電、履物、ミシン、おもちゃ、自転車などさまざまです。ホームページに店舗一覧表や連絡先が掲載されていますので、ぜひご活用ください。

※佐賀県庁ホームページより
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00314216/index.html

2021.1.13

産業廃棄物の不法投棄等の状況(令和元年度)について

環境省は、令和元年度の産業廃棄物の不法投棄等の状況について公表しました。令和元年度に新たに判明した不法投棄件数は151件、不法投棄量は7.6万トンと昨年より減少し、一定の成果が見られます。一方、不適正処理件数は140件と8件減少したものの、総量は5.6万トンと微増しています。また令和元年度末における不法投棄等の残存事案は、54件増の2,710件報告されています。環境省は不法投棄等の防止を図るため、引き続き監視活動の強化や都道府県等との連携に注力し、早期発見による未然防止および早期対応による拡大防止の取り組みを推進する方針です。

※環境省ホームページより
http://www.env.go.jp/press/108861.html

2021.1.1

迎春
〜希望に満ちた一年になりますように〜

旧年中は格別のご愛顧を賜りまして、厚くお礼申しあげます。
2020年は、人と人の対話や絆の大切さを実感した一年となりました。
株式会社イワフチは、2021年が希望に満ちた一年になりますよう
全社一丸となって、一歩ずつ前進しながら、
さらなる努力を続けてまいります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社イワフチ 社員一同

(C)IWAFUCHI Co.,Ltd.